MENU

芸能人の整形疑惑に一石投じたい

芸能人という職業は夢を売る業種なのかもしれません。
そんな芸能人が整形の事実をまるでなかったかのように振る舞う姿勢に違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

 

確かに夢を持って彼女達のようになりたいと望み、努力をする人も大勢いるとは思います。
でしたら尚更、その生き様も全てさらけ出し勝負をかけるというような考え方を持った人は出てこないのかと、とても残念に思えてなりません。
事務所の意向もあるのかもしれませんが、所詮タレントとはそんなものなのでしょうか…。

 

デビュー前にお直しをしたという人はまた別ですが、明らかにデビューした後でも顔のパーツが徐々に変わってきたなと思えるような人達はたくさんいますよね。
そんな芸能人にも多かれ少なかれファンはいるはずてすよね、ファンは細部まで見ているものです。
太った痩せたで話題になるような立場であるにも関わらず、整形の事実だけは腫れ物に触れるかのように誰も話題に出さない。
本当につまらないですよね。
そんな事実も武器にして、芸能界での道を切り拓いていくぐらいの肝の座った人が出てくれば、テレビの世界ももっと興味深くなるのになといつも思いながら見ています。

 

初めは軽蔑されるかもしれない、みんな一歩引いてお付き合いをするのかもしれない、でもそれをさらけ出せてこそ本当のスターだと思うし、持って生まれたものだけでのし上がれるなんて逸材はほんの一握りにすぎません。
あとはいくら芸能人であっても、容姿だけでなく中身でも勝していかなければならないと思うんです。
さらけだしても尚、強く自分の目標を持って前進する姿にこそ見る側は尊敬の念を抱き、心揺さぶられるものではないでしょうか。

 

整形をするのは個人の自由です。
それをどう人生の中で活かしていくか、そのテーマに体全体でぶつかれるのはたくさんの人に見られている芸能人ならではの醍醐味ではないかと思います。

 

カミングアウトする事は簡単ではないかもしれないけれど、そこから第二の芸能人生が始まるんではないでしょうか。

このページの先頭へ